メモリグラフ

写真と記憶の記録 sasaki

マクロプラナーの万華鏡。リバーサルフィルムデビュー

こんばんはささきです

今年の夏も暑かったですね。まだ暑いですね。ピークは過ぎたのかな。どうだかな。

 

 

私のカメラといえばデジタルonlyで

生まれてこのかた写ルンですくらいしかフィルムを使ったことがないのですが、

先日フィルムデビューしてきました。

 

 

心に残っていたフィルム

 

 

 

約1年くらい前でしょうか。天野尚さんの写真展に行った時のことですが、

リバーサルフィルム(ポジフィルム)の展示がありました。

通常の35㎜フィルムの106倍という超大判特注ポジフィルムでしたが、

なんといいましょうか、掌ほどの大きさでしたが

その超繊細な描写にしゃがみこんで見入ってしまいました。

 

会場には大きく印刷された作品が他にもあり、それはすばらしいものでしたが

掌ほどの大きさの中にぎゅっと閉じ込められた世界の、なんというか

「今そこに存在している感」にしばらく夢中になってしまいました。

 

今にも動きそうな。

向こうでは風が吹いて音がするような。

触れたら冷たく感じそうな。

 

この感じはなんだろう?デジタルと何が違うんだろう?

 

はじめてみたフィルムの感想はそんな感じでした。

 

 

フィルムカメラをもらった

 

 

さてさて、我が家にはNikonおじさんからもらった全然使っていないフィルムカメラが2台存在しています。

F80とF100。

フィルムカメラの良いも悪いもよくわかりませんが

なんかF100が良さそうなのでF100を初めて持ち出したのが今年の紫陽花の時期でした。

 

そして現像に出し、戻ってきた時のわたしがこちら

 

 

 

 

はじめてのフィルムはもちろんすきすきだいすきマクロプラナーで撮ったのですが、

私の手元に届いた現像されたリバーサルフィルムは

まるでマクロプラナー越しにみた万華鏡みたいな潤いのあるフィルム。

 

 

言うならばこれは・・・!マクロプラナーの煮こごり・・・!(語彙力)

 

 

 

おそらくひどく興奮していたのでしょう、何を言っているのかよくわかりませんが

マクロプラナーで撮ったものをぎゅっとクリスタルに閉じ込めたらこんな感じになるんじゃないかと思わせました。

なんじゃこの透明感は。異常だ。異常事態だ。

 

f:id:asahaka1:20190825204001j:plain

わずか35㎜×24㎜の中にぎゅーっと詰め込まれたこの描写は

私が好きで好きでたまらないマクロプラナーの描写をもっともっと濃厚にしたような

このまま凝視してたら3Dみたいに浮き上がってくるんじゃないかと思わせるほどの立体感。

立体感ってこういうことかと思うほどの立体感。これまた異常である。





f:id:asahaka1:20190825204013j:plain

マクロプラナーが透明に!!

そんなことに(*´Д`)ハァハァしてしまう

いやお分かりになりますでしょう?マクロプラナーの描写が透明なんですもの!

これが届いた日にはずっと天井にむけて透かしていたもので首が痛くなりました

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190825204042j:plain



f:id:asahaka1:20190825204055j:plain

太陽光に透かすとこうなります

あぁマクロプラナーよ、あなたはどうしてマクロプラナーなの?

とロミジュリのジュリエットのセリフを言ってしまいそうなくらい

なんでこんなにもマクロプラナー感が強いんだろう。

 

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190825204108j:plain

 

f:id:asahaka1:20190825204113j:plain

 

f:id:asahaka1:20190825204128j:plain

透明なので、光に透かすとこんな感じになります。

リバーサルフィルムは本来投影して見たりするみたいですね。

フィルムもきれいなのに透かされた画もきれいで

「あーきれい」とIQ8くらいの語彙力に落ちぶれてしまいます。綺麗。

 

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190825204149j:plain

実家の光が素敵だったので。

 

 

f:id:asahaka1:20190825204147j:plain

最近光に透かしたがり屋さんになってしまい、やたら持ち歩いてしまいます。

街中で職質されたら「フィルムを持ち歩く変質者」とでも報道されるのでしょう。

 

どうしてこんな小さいものが愛しいんだろう。

デジタルと何が違うんだろう。

答えはさっぱりわかりませんが、手元に残るこのマクロプラナーの煮こごり

またこのレンズの楽しみ方を増やしてくれたのは間違いございません。

 

 

 

フィルムを始める時の疑問

さて、フィルムはさっぱりわからない私でしたが、

幸いフィルム界隈のお友達がいらっしゃいましたので、

打てば響く感じでご丁寧に疑問に答えてくださいました。

いつもありがとうございます。

 

 

Q:フィルムはどこで売っているか

 

基本はAmazonで買えば良いと思います。

カメラのキタムラとかでも売ってました。

 

 

Q:どれを買えば良いか

 

 フィルムにはいろいろ種類があるみたいです。

今回私はリバーサルフィルム(ポジフィルム)が使いたくて手をだしたのですが、

今手に入りやすいリバーサルフィルムは

FUJIFILMさんの

Velvia50

Velvia100

Provia100F

コダックさんから

EKTACHROME E100 

あたりだと思われます。

Velviaは色乗り濃いめ、派手目に撮りたい時おすすめ、

Provia がスタンダードでナチュラルな色合いだそうです。

コダックのやつも買ってみたので今度撮り比べてみようと思います。

 

 

フィルム名の後ろについてる数字はISO感度を示します。

デジタルに慣れて1600やら3200やらが当たり前になってしまうと

50とか100とかに驚かされます。手振れは大敵。

 

 

 

 

 

Q:ISO感度はどうなるの?

 

 フィルムはISO感度固定です。

100のフィルムを使うなら、36枚撮りきるまでISO100でずーっと固定。

これにもデジタルから入った私には驚かされました。

え!変えられないの!途中で!困りんぐ!

となりましたが変えられないもんはしかたありません。

変えちゃうと現像の時になんかぐちゃぐちゃになっちゃうみたいです。

フィルムを装填するときにISOを設定するのですが、

私のカメラは入れる時にやーってやればAutoで設定してくれるかしこい子です。

カメラによっては自分で設定しなきゃいけないみたいですね。

 

 

 

となると、こんなぶっとんだISO感度を使う日が来るのかという疑問が。

アレモ先生に伺ったところ、ISO3200のフィルムというものがあるそうで、

1段の増感現像とかお願いするときに使うみたいです。ほげー。

 

 

Q:現像はどこでやってくれるの?

 

 

さてデジタルと違い、私は自宅で現像ができませんのでどこかお店頼む必要があります。

これもアレモ先生おすすめの「思い出写真工房 楽天市場店」さんにお願いしました。

 

フィルムの現像と、データ書き込みまでしてくれました。

フィルムで満足しちゃってデータ化してくれたやつまだ見ていないんですけどw、

リバーサルフィルムの現像をしてくれるところ自体が減ってきているらしいので

なんとかサービスを継続してほしいものでございます。また撮ったらお願いしようと思います。

楽天ポイントもたまるのでうれしいですね。

 

キタムラとかでもできますがちょっと割高かつ10日くらいかかるみたいです。

 

 

 

Q:スリーブ仕上げとマウント仕上げって?

 

なんかほんとググレカスと言われても仕方ないくらい疑問を漏らしまくっていて申し訳ない。

リバーサルフィルムにはスリーブ仕上げマウント仕上げという2つの仕上げ方があるそうです。

今回私がやったのがスリーブ仕上げ。

いかにも「フィルムびろーん」って感じの仕上げ方ですね。

マウント仕上げは一コマずつ白い額にいれてくれるみたいな感じ。

投影して見せる時はマウント仕上げが良いみたいです。

わたしは投影はしないのですがそこゆく人に見せて回りたいので、

次回はマウント仕上げにしてみようかと思います。(迷惑)

 

 

 

フィルムの魅力

 

f:id:asahaka1:20190825204036j:plain


正直、フィルムというのは確実性から言うとデジタルにはかないません。

撮ったあとのレビューもできません。

今の手振れしたから消しちゃおってのもできません。

1つのフィルムで36枚。無駄に連射して数うちゃ当たる作戦も通用しません。

だからこそ一枚一枚が大切になります。

いやデジタルで大事にしてないわけじゃないんだけど、なんというか緊張感が違いますw

 

 

そして、きっと私の大好きなマクロプラナーで撮ったらそのフィルムはとても大事なものになるんだろうと思った私の考えは間違ってませんでした。

「モノ」としての大切さが手元に残るというのは

ある意味アナログで、電源を落としたら見れなくなっちゃうデジタルにはない魅力だと思います。

 

 

 

 

紫陽花、ラベンダー、この秋はコスモス。

大好きなものを大好きなレンズでフィルムに写して、結晶のような形で残るのがとっても楽しみです。

 

 

ではまた。 

 

やっぱりぼけぼけさせたくてラベンダーを撮りに行ってきた

こんばんはささきでございます

いやーご無沙汰にしておりました。気づいたら2か月近く空いている件。これはひどい

せっかくブログなんて言ってるんだから月1くらいではなんか書きたいものです。

 

7月は体調がどしゃくずれでして1泊入院をやらかしておりました。

体が弱ると心も弱るのでほんと健康でいたいなと思う次第でござりんす。

 

 

復活のラベンダー

心身共に衰弱していた7月を終え、「あーマクロプラナーが切れた...」とマクロプラナー欲が出始めた8月の頭、

群馬のたんばらラベンダーパークに行ってまいりました。

 

 

 

 

こちらのたんばらラベンダーパークは冬はスキー場、夏はラベンダーパークとして開放されます。

何種類ものラベンダーがあるので7月~8月まで長く見ごろを迎えます。

高原らしい気候で、この日都内は38度とかだったんですけど、

ここは30度を下回りますのでちょっと高原気分を楽しみたい時もおすすめです。

でも撮ってりゃ暑いことは暑いんですけど…

いつも思うんだけど世の中のおなごはラベンダーでさわやかなデートとか成り立つのすごい。汗をかかないのだろうか。

 

あと欲を言えば18時くらいまで開園しててくれたらよき光が入ってとてもいいののですが。

17時閉園なのが惜しいところです。 

 

 

 

 opton-sonnar 1.5/50

f:id:asahaka1:20190813202358j:plain

 

 

f:id:asahaka1:20190813203654j:plain

 

 

先日コンデジ2つも買ったじゃないですか。しかも高いやつ。

ただやっぱりわたくし写真というかカメラというかレンズが好きなとこがあるので

特にお花とか撮るときは好きなレンズじゃないとテンションがあがらんということが判明したので

この日は好きなレンズゴロゴロかかえて行きました。

opton-sonnar先輩の写り好きです。

 

 

 

 

  apo-makroplanar 4/120

f:id:asahaka1:20190813202325j:plain

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190813202322j:plain

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190813202523j:plain

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190813203701j:plain



 

 

 

f:id:asahaka1:20190813203742j:plain

 

 

 


f:id:asahaka1:20190813203728j:plain

 

 

最近私よせばいいのにリバーサルフィルムなるものに興味を持ち始めてしまいまして

Makro-planar 50と100はそっちで使っていました。

のでデジタルにはapo makroplanar先輩をつけていたのですが

ぼっけぼけにさせるには相変わらずすばらしいレンズですね。

光を入れるとまた唯一無二の写りをするのですが、ちょっと光が弱くてそこまでには至りませんでした。

まだフィルムは現像に出していないのでそちらもどう写っているか楽しみです(^ω^)

 リバーサルフィルムについてはまた別に書こうと思うのですが

これはこれでよだれが出るほどよいものなんですよげへへ

 

 

 

体調崩して撮りにいけない時期が続くと

「あーマクロプラナりたい」という欲がふつふつ湧き上がるので

三大欲求に次ぐ欲求として私を支配しているのではないかと思います。

撮れる喜びをかみしめて撮っておりました。

ことしの後半はもうすこし免疫高めるよう努力します。 レバーとか食べます。

 

ではまたー

撮ってみなければわからないから買ってみた

こんばんはささきです

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190623233619j:plain

今年は割とからっとしてて過ごしやすかったのですが、

やっと梅雨らしくなってきましたね

 

 

 

 

最近は撮っていないかというとそうでもなく、

色んなカメラを持ち歩いて撮ってはいます。

SNSにUpするのに至らないだけ。

撮るのは楽しいです。 

 

 

 

ここ1年くらい、αにオールドをつけて楽しんでいた私は、

「レンズ交換ができるからこんなにレンズが増えるんだ!レンズ交換さえできなければ!」

とぐるーっと回って今レンズ固定式のコンデジをいろいろと吟味しています。

レンズ交換ができないだけに、各社いろいろ工夫してて写りには割と特徴が出ますね。

撮り比べるだけでも楽しい。

 

 

 

 実際に撮り比べてみないとわからないといいますので。

 

f:id:asahaka1:20190623234512j:plain

 

f:id:asahaka1:20190623234810j:plain

 

X100FとLeicaQを手に入れて比べています。

撮って比べて、いずれはどちらかを手放すつもり。

さて私はどちらを気に入るのか。

 

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190623233021j:plain

WELCOME TO THE LEICA Q

 

 

 

このスタート画面はさすがに熱かったですw

ではまた

2019年も佐渡に行ってきた② 佐渡グルメと宿根木の町

さて一夜明けて2日目です。

 

 

急に佐渡行きを決めたもので宿はとらずにおりました。

案の定、翌朝体がバッキバキになりほぼ仮死状態となりはてた我々は朝から入れる温泉を探します。

 

はたの温泉 松泉閣さんに、

「頼むよォ、風呂に入れてくれよォ」と泣きつくように転がり込み

朝風呂を満喫いたしました。まじ松泉閣さん神です。

なんか温泉のお湯も柔らかくてお肌がとぅるとぅるになりました。

次回行ったらまたお世話になろうと思います。

 

 

佐渡乳業のコーヒー牛乳がなんだかおいしく感じました。

パッと見乳牛はいないようでしたがどうなんでしょう。

 

 

もし晴れておりましたら青空の下の「法乗坊の種蒔き桜」をおがみたい所でしたが

この日はまぁすがすがしいほどの曇天に恵まれましたので

もはやおもしろネタと佐渡グルメに走るしか我々に選択肢はありませんでした。

 

 

 

ブリカツ丼

f:id:asahaka1:20190429212755j:plain

佐渡といえばブリみたいなとこあります。

寒ブリの時期に一度来たいものですね~

こちらはブリをカツにしてどーんにしたもの。略してブリカツ丼です。

あんまりブリをフライにするという発想がないのでなかなか斬新でした。

タレ、かかってないように見えるけどかかってるんです。あっさりめで美味しかったです。

 

 

 

カニ直売所 弥吉丸

 

カニ たべいこぉ~♪」が口癖として有名なわたくしですが、

佐渡ならカニがゴロゴロ生息しているに違いない。カニたべいこう。

 

そんなわけで泊港まで移動し、カニ直売所 弥吉丸 さんへ。

こちら毎朝赤泊港で水揚げされたベニズワイガニを隣接している工場でボイルしているとのことでカニがお安く手に入る・・・というか

カニの価格破壊が著しかったです。

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429212601j:plain

 

まず入店とともに「はい、試食」とカニが1人1匹ずつ手渡されます

この時点で「なんかカニに対する価値観が我々とは違うぞ」と違和感を感じざるを得ませんでした。

 

 

販売しているカニは一杯1000円から2000円。

この価格も東京から来た我々からするとおかしいのですが

B級品(A級とB級はカニみその量の違いだそうです)となるともう

300円とか500円とかの価格帯になっていました。もうわけがわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429212649j:plain

また、「足のみ」となると更なる価格破壊を招いています。

私が両手で抱えられるほどのビニール袋の中に

無数のカニの足が入って1袋1000円ちょいといういかれた価格です。

 

ここでのカニの足の価値は無価値に等しいのだろうか。

東京の人に教えてあげたらオーマイゴッドとかいってひっくり返るに違いありません。

 

 

f:id:asahaka1:20190429212624j:plain

さてこのような大きなカニ、持って帰るのもアレだしどうしよう。

となったところ、お店の方が「ここで食べて行っても良いよ」と言ってくださったので

唐突に店先で都内から来た二人のカニ食べ放題ショーが始まります。

カニをこんなにまるっと食べることもないので、

カニの甲羅 開け方」

といった検索ワードでGoogle先生に頼る必要がありました。

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429212633j:plain

ゴミバケツの中に捨てられるかにさんたち(少なく見えるけど奥行きがすごい)

 

 

2人でカニ3杯いただき、お値段1500円ほど。(←なぜならうち2杯は試食分だから)

もう都内でカニ食べるのがばかばかしくなるほどのコスパでした。

カニみそが美味しかった~!

運転しなければ日本酒をおともにしたい感じでした。

佐渡カニが食べたくなれば必ずやここに来ようと思います。

 

 

 

宿根木の町

 

さて佐渡グルメを食い散らかしてばっかりの我々ですが、

最後に佐渡最南端の町、宿根木(しゅくねぎ)の町に向かいます。

国の重要伝統的建造物保存地区として指定されております。

 

 

f:id:asahaka1:20190429204712j:plain

何が重要伝統的建造物なのかというと、

ここ江戸から明治にかけて、廻船の寄港地として栄えた町なんだそうです。

廻船業とは、北海道で物買って、それをまた別の土地で売り買いして、

その土地のものをまた別の土地で売って・・・を繰り返して儲けるお仕事。

佐渡の財産の何分の1かはここに集結しているといわれるほど、

一時は富が集中したところなんだそう。

 

ここの家は、ここに住んだ船大工さんたちが当時の技術を生かして建築。

約1ヘクタールの土地に110棟もの家が配置される高密度な集落、それが宿根木の町です。

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429210549j:plain

なので町に一歩入るとまるで迷路。

ここはどこかな?ときょろきょろしてしまいます。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429210558j:plain

二人でもフラフラしていると相手を見失います。

かくれんぼしたらかなりエグいかくれんぼになりそうです。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429210500j:plain

陰と光が印象的な町でした。

 隙間が美しいのでついカメラを向けてしまいます。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429204948j:plain

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429205004j:plain

街中には用水路があります。(撮るの忘れましたが笑)

上流で食べ物を、中流で洗濯など洗い物を、下流を下水として使ったのだとか。

完全に「おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に」の世界ですね。

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429204937j:plain

こちら、この町の名物「三角家」

この狭い土地を生かすための「三角の家」なんです。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429223032j:plain

子供部屋。

奥が直角でなく鋭角になっているのがお分かりいただけるだろうか。

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429223008j:plain

「四角い部屋」がない、「三角の家」

 

四角に囲まれている私たちの部屋を見慣れているだけに、

三角の家というのはとても不思議な感覚に陥りました。

 

写真ではどうにもこうにもお伝えできないので、ぜひ現地に足を運んでいただきたい。

 

 



f:id:asahaka1:20190429204911j:plain

もう一軒、内見できる家があります。

世が世なら大富豪の「清九郎の家」

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429210628j:plain

漆塗りや一本の木から取り出した木の戸など、

どれもこれも当時の最高級の素材と技術を取り入れたこの家。

例の廻船業で相当な富を築いたようです。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429204826j:plain

囲炉裏

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429223820j:plain

どの家にも大きな仏壇や神棚があります。

その昔、人が船で海に出ることは死と隣り合わせ。

残された人たちは無事帰ることを祈り、自然と神や仏様への信仰が強くなっていったとのこと。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429204815j:plainそういえばこの町、歩くたびにお地蔵さまやお墓があるのですが、

どこを見てもお花が絶えません。

都内のお墓では枯れた仏花や、何も生けていないお墓も目立つ中で、

どこを見てもお花が生けられています。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429210700j:plain

聞けば、昔の「無事に戻ってきますように」という信仰心が今の時代にも残っていて、

毎日町の誰かがお花を生け替えるのが習慣になっているのだそう。

小さい町だけど、すべてのお墓や地蔵にお花を生けるとなるとかなりの仕事。

海辺近くで生まれたこの町の風習が今も続いているんだなぁと

歴史の重みを感じたりしました。

 

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190429205002j:plain

 町の一番奥に神社があります。

 

この町が残っていて、そんな暮らしもあるのだと知ることができて良かった。

また佐渡に来たら寄りたい町になりました。

 

 

・・・とのんびりしていたら帰りのジェットフォイルに危うく乗り遅れそうになりました。

「乗り遅れたらもう仕方ないから明日の仕事をいかなる理由で休むか」

という作戦会議が開かれましたが、なんとかギリギリ無事本土に帰ることができました。

 

 

おしまい

去年同様「あの桜を見たい」という理由で強行した佐渡の旅ですが

やっぱり私は佐渡が好きだなぁとしみじみ思うわけです。

佐渡は小さい島だし、アクセスもそんなに良くはないのに

なぜこんなにも私を惹きつけるのか。

なんかがあるんだろう。まだうまく言語化できないけどなんかが。

 

 

まだまだ知りたいことが沢山だし見てないところもたくさんなので、

きっとまた来るよ。年1くらいで。

 

 

ではまたー

2019年も佐渡に行ってきた① 法乗坊の種蒔き桜

こんばんはsasakiです。

佐渡を愛しすぎてこのたびさどまる倶楽部に登録いたしました。お見知りおきを。

 

 

4月18日のこと、私は佐渡の桜が良い感じであるらしいとの情報をキャッチいたしました。

 

f:id:asahaka1:20190428203720j:plain

 

 

 

思えば去年も千竜桜に会いたくて急に佐渡の地へ降り立ったものですが

今年もまぁ2日前に急に決めるというノープランさでした。

去年の佐渡はこちら↓

memorygraph.hatenablog.com

memorygraph.hatenablog.com

 

 

ただ今回は毎度おなじみ後輩ちゃんがついてきてくれるというので二人旅になりました。

前回は比較的佐渡の上の方を巡ったので、

今回は左下の方を巡ります。

 

 

北沢選鉱場跡


f:id:asahaka1:20190428203233j:plain

さて到着後はさっそく腹ごしらえをしたあと

みんな大好き佐渡金山のラピュタ、北沢選鉱場跡。

去年も私は行ったのですが、今年はちょうど佐渡金山の桜が満開とあって

なんか謎の催し物が開かれておりました。

右上の桜の木、今年は満開なり。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190428203243j:plain

50mシックナー

 

「シックナーって何?」

「なんだろうねー」

という全く身にならない会話が繰り広げられながら、

50mシックナーは今年もそこに鎮座ましましておられました。

 

 

 

f:id:asahaka1:20190428203259j:plain

謎コンセプト

 

 

沢崎鼻灯台

 

うっかり写真を撮るのすら忘れておりますが、

佐渡の南西端にある沢崎鼻灯台

 

f:id:asahaka1:20190428205521j:plain

「今ここで死んだら誰にも見つからないね」

などと心病んでるのかと思われる発言がきかれながら、はるかかなたに見える本土を懐かしみます。

 

 

f:id:asahaka1:20190428205545j:plain

海のかなたに本土の山が見えます

 

あまりの人のいなさに観光客は一体どこに行ったのだろうと心配になりました。

 

 


 

沢崎海岸でシルエットごっこ

f:id:asahaka1:20190428203254j:plain

 

沢崎鼻灯台からほんの少し・・・のはずの沢崎海岸なのですが、

謎の交通止めがありぐるっと車で15分周ってたどり着きました。

潮の状態により鏡張りになるという沢崎海岸の浅瀬。

やや引き気味でしたが、水面に映るシルエットが非常に楽しかったです。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190428210117j:plain

写真を撮る女

 

 

f:id:asahaka1:20190428210446j:plain

被写体に慣れない人たち

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190428210125j:plain

夕焼け飛行機雲

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190428210847j:plain

カメラをふりまわす女

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190428210034j:plain

 

普段、近くにこのような海辺がないので非常に楽しかったです。

 

 

 

 

法乗坊の種蒔き桜

 

さて日が落ちるのを待って私が今回お目当てとしている桜に向かいます。

「法乗坊の種蒔き桜」

樹齢約250年~300年ほどの、大きな大きなエドヒガン。

「法乗坊の種蒔き桜」の名は、この桜が咲くころに田んぼに種をまくなど、

ここで暮らす人の農作業の目安とされてきた桜なんだとか。

 

 

 

車で走らせること1時間ほど、いい加減何の光もなくて不安になってきた頃、

パッとライトアップされた桜が現れました。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190428211123j:plain

満開の桜の木と茅葺屋根の小屋、田んぼにそのリフレクション。

 

 

これに会いたくて今年も佐渡までやってきました。

目の前に現れた時は息をのみました。

 きてよかった。

 

エドヒガンにそっと寄り添う茅葺屋根の小屋にはまだ人が住んでいる様子でした。

日本昔話の絵本に出てくるような風景を見せてくれて感謝です。

 

 

 

去年佐渡に来たときは千竜桜をお目当てに来たのですが、

その時ふとこの桜の案内を目にして

あぁ、来年はこの桜に会いに来たいな」とこっそり思い続けておりました。

今年、丁度満開と私の休みが重なったので強行突破ではありましたが来ることができて本当にラッキーでした。

来てよかったねぇと後輩ちゃんと話しながら、帰りも真っ暗な道を戦々恐々として走らせるのでありました。

 

 

2日目に続く

嫌いという感情の欠乏

こんばんはささきです

タイトルが1/3の純情な感情みたいな語呂になってしまったのは偶然です。

 

 

日曜日のお仕事は落ち着いている。

通勤電車も空いているので割と日曜出勤は好きな方だ。

 

 

私の職場は割と人が多い。

色んな人がいる中で最近揉まれたり踏まれたりしている今日この頃だが、

去年くらいからどうも自分に「嫌い」という感情が欠落してるんじゃないかと気付き始めている。

 

f:id:asahaka1:20190310233513j:plain

※写真は無意味ですがマクロプラナーなので私にとっては有意味です

 

そういえば昔からなんだか人を嫌いになるということがない。

「あの人嫌い~」と言っている女子がいてもどうも腑に落ちなかったものだ。

「そんなに嫌いになるほどのことかね」と。

 

例えば目の前にものすごく理不尽なことを言う人がいたとして

理不尽なこと言ってるなぁと思い

お近づきになりたくはないなぁと思いながらも

「嫌い」という感情はいまだかつて出てきていないように思う。

お付き合いしていて別れた人もそうで、

例えば「そうかあ、受け入れられなかったのはかなしいなあ」と思ったとしても

「私を捨てるなんて!キィー!」

とはならないものだ。

 

 

 

f:id:asahaka1:20190310233647j:plain

※写真は無意味ですがマクロプラナーなので以下略

 

嫌いがない代わりにあまり人を大好きにもならないのかもしれない。

「そのニュートラルさがお前のいいところだ」と私の上司に言われたことがあるが、 

果たしてこれは私の長所だろうか、短所だろうか。

 

おやすみなさい。

 

私の好きな場所 秋葉原2k540

こんばんはささきです

一人称の安定を2019年の目標にしたいです。名前募集中。

 

本当はもっと日記みたいな記録を毎日つけたいのですが

おしごとで腐っているとそうもいかないのが社畜のなやみ。

お休みの日くらいなんかあったことを記録していきたいものです。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190309201540j:plain

さて私がなんとなしに好きな場所シリーズ(ママン、この人シリーズ化するつもりだわ!)

秋葉原の高架下にある2k540です

上の看板、読み方はにーけーごーよんまる あきおか あるちざん です。多分。

 

 

わたしもここふらっとたまたま通りかかって知った場所なのですが

よくよく調べてみるとJR東日本の都市開発の一環のよう。

2k540 AKI-OKA ARTISAN:ジェイアール東日本都市開発

 

もともと職人の街であった御徒町

JRの高架下に様々なモノの職人さんを集めて

工房とショップを兼ねた店舗を展開しています。

販売だけじゃなくて製作の過程とかが見られたり、

体験やワークショップとかもやっているので

そういうアクティビティがすきなひとにはたまらん空間となっております。

時々店舗も変わったりするので何度足を運んでも新しい楽しみがあるところ。

 

 たくさんのお店があるのですが、特にわたしのお気に入りを紹介します。

 

木製雑貨のお店 nocra

f:id:asahaka1:20190309201550j:plain

https://www.nocratokyo.com/

 

わたしがここの界隈で一番好きなお店nocra

木製雑貨のお店で、ドアを開くときにふくろうのドアメロディーが心地よい音色を鳴らします。

中に入ると木のにおいがいっぱいでここに永住したくなります。

 

ここのドアメロディーの音色が心地よすぎて永遠に聞いていたい。

いつか買いたいというつよいきもちなのですが

バリエーションがありすぎて一つに絞れずに買いきれない状態を1年くらい続けております。

ふくろうか、亀か、テントウムシか、気球か・・・

誰か買ってください。ちなみにわたしの誕生日は5月です。

 

 

 

樹脂製品 トウメイ

f:id:asahaka1:20190309201545j:plain

toumei online store

 

樹脂製品のお店。

トウメイという店名のとおり、すべてが透明でできているので店内の透明感がすごい。

押し花のコースターとか、うちのお母さんが大好きそうなので買ってあげました。

コースターと箸置きがたくさんあるのですが、

いちいち芸が細かくてすごいです。

すべてをおうちにそろえて光に透かして見ていたい。

 

 

Cafe ASAN

f:id:asahaka1:20190309202645j:plain

Cafe ASAN

 

この界隈ではめずらしくカフェがあります。

ハンモックの席があるので有名なカフェ。

完全に飲食目的じゃない感じになっていますがw

ハンモックにゆらり揺られてぐだぐだ過ごす時間は最高です。

 

その他にも職人芸が光るレザーショップやウッドショップ、手ぬぐいなど

色んなお店がそろっていて私は一日中でもここにいられるような気がしています。

クリエイターさんたちとお話ができるのもよいです。

 

大量生産大量消費の中で、人の手がかかっているものはやはり良いものである。と実感させてくれる場所です。

近くにソニーサービスステーション秋葉原がありますので

SONIユーザーの皆様はセンサークリーニングのついでに立ち寄ってみてくださいませ。

 

 

変わる廃拠展

f:id:asahaka1:20190309201606j:plain

さてところ変わり、変わる廃拠展にも行ってきました。

今日なぜこんなところをうろうろしているのかというと、

αちゃんの清掃待ちだったわけです。理由が単純明快でわかりやすいですね。

 

 

 

f:id:asahaka1:20190309201556j:plain

廃墟と星景で有名な啝さん(@neji_maki_dori)目的で行ったのですが

そのほかの写真もわくわくどきどきさせてくれるものたちばかりでした。

 

 

 

f:id:asahaka1:20190309201553j:plain

特にこの方の作品が素晴らしきかなでした。すき。

 

廃墟はよろしい。

人間なんぞ自然の前では無力だと感じさせてくれるのがよろしい。

自分では多分撮りに行ったりできないのでこういう写真展はありがたいですね。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20190309202644j:plain

とかやってたらαちゃんが入院しました。ちーん。

 

ではまた