読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモリグラフ

写真と記憶の記録 memory-graph

来年もここに来たい。青森・弘前公園の桜を見に行ってきた!

こんばんはsakiです。桜のシーズンはとっくに終わり、きゅうりのシーズンが始まりますね。きゅうりの漬物うまー。ポリポリ。

 

桜の季節が終わりましたね!約1か月前のことになるのですが

念願の!青森の!弘前公園へ!

行ってきましたーーー

 

ので今回はそのことについて書きます。誰も得しませんが私の日記なので良いのです。

もう見るものすべてのスケールが違ったので、

私の浮かれまくりのTwitter実況とともにお送りします。

 

 

 

日本一の名は伊達ではなかった

行ったのが4月末、ちょうど満開~散り始めのころで本当に良いときに行けたと思います。毎日頑張って仕事しとくもんですね。

弘前公園ソメイヨシノの数2600本!!

本当に規模が違います。どこ見ても桜。

1泊で行ったのですが全然時間が足りませんでした。来年は1週間くらい居たいと本気で思ってます。

 

 

天気もよき!!曇天女王の名を欲しいままにする私にしては珍しいことでした。

弘前公園弘前城というお城の周りにお堀がめぐっており、そのお堀に散る花びらが作る花筏の美しさがまた有名です。

私が行った頃はちょうど花筏ができ始めたような頃で・・・

 

f:id:asahaka1:20170509134604j:plain

 

 

花筏キターーーーー\(°∀° )/

お堀全部とはいきませんでしたが、こんなに水面を埋め尽くす花筏を見ることもあまりないのですごく新鮮でした。

 

 

 

興奮するわたし↓

 

 

 

 

お堀に積もりつつある花びらとそこから覗くリフレクションが本当に素敵でした。

 

f:id:asahaka1:20170509134558j:plain

 

 

弘前城、水と桜が本当に豊富なところですね。

どこを見ても水と桜の共演が見れて、それぞれ違う顔を見せるから本当に楽しい。

「この水どっからきてんのかな」と小学生並みの疑問が思い浮かびました。

f:id:asahaka1:20170509134632j:plain

 

 

 

夕方の光がまた違う表情を見せます

 

日が暮れてくると、夕陽がお堀を黄金色に染め始めます。

f:id:asahaka1:20170509135139j:plain

 

 

刻一刻と表情を変えていきます

f:id:asahaka1:20170509134819j:plain

 

 

 

だんだんと濃くなる黄金色と、お堀の黒に照らされてまぶしく輝く桜の花びらたち。

f:id:asahaka1:20170509134820j:plain

 

この夕焼けタイムが本当に時間が足りなくて!

これを撮るのに3日間くらい通いたいと思いました。

 

 

 

で、夜。弘前の夜桜は本っ当にすごかった

 

一度ホテルに戻りちょっと休憩してから夜の弘前へ。

 

 

 なんかおしっこ漏らしそうな変態がいますが(この場合のおしっこ漏らすは比喩表現です)、

本当に気持ち的にはそんな感じ!

だってお堀が巡ってるからどっこを見てもリフレクション!リフレクション!リフレクション祭りじゃああ\(°∀° )/

 

 

 

これがド定番のやつですね。

なんかもう暗黒に挟まれた桜なので上も下も右も左もよくわからなくなってくるかんじ。

f:id:asahaka1:20170518225808j:plain

 

 

 

 

昼間はボート営業してます。カップルがキャッキャウフフしてます。夜は何もないので無風であれば本当に見事な鏡面世界になります。

f:id:asahaka1:20170518225839j:plain

 

 

 

対岸から覗くリフレクション。

f:id:asahaka1:20170509135151j:plain

 

 

 

個人的に暗黒×花っていうのが大好きな根暗なのでほんとにたまりませんでした。

暗黒!花!イエェーーーイ\(°∀° )/

f:id:asahaka1:20170509135305j:plain

 

 

これ一番すき。なんかすき。

f:id:asahaka1:20170509135439j:plain

 

 

 

 

お堀にたまる花びらとその間から覗くリフレクション

f:id:asahaka1:20170509135027j:plain

 

 

これがTwitterで失禁しながら(比喩表現です)撮ってたやつ。一番外堀のだったかな。

f:id:asahaka1:20170509135249j:plain

 

 

桜のトンネルの横の本当に小さな池。

こんな小さな池でもリフレクションしちゃうくらい、本当にどこみても桜なんです。

f:id:asahaka1:20170509135334j:plain

 

 

 

この日のライトアップは23時まで。

遅くまでやってくれてるのも遠くから来た身としてはうれしいはからいです(*˙˘˙)♡

満開の時だけ23時で、他は22時だった気がするので行くときはHPでチェックしませう。

 

 

時間の限り撮りまくって、ホテルへ戻ったのはもう日付が変わっていたようで… 

 

 

今回ペン子(ペンタックスユーザーの後輩)と行ったのですが、

ずーっと桜を撮り続ける私に付き合ってくれてホテルについたとたん死んでました。ごめんて。

 

 

 

念願の花筏を長秒で!

 

翌朝。おはようございます。

私は撮りたくて撮りたくてしかたなかった花筏・長秒露光」の写真を撮りたくてそこそこ早く起きてまた弘前公園へ向かいました。

ちなみに弘前公園は24時間自由に出入りできます。それもすごいね。

 

一方その頃

 

 

 

二人旅のはずが一人旅になりました。

 

 

 

さて、花筏を流して撮るお写真をそこここで見かけて、私もここ来たら撮りたいなーと思ってました。

あんまり普段どうやってつかったらいいのかわからないwNDフィルターをつけて

15~30秒くらいの露光でこんなん撮れました(*˙˘˙)♡

 

f:id:asahaka1:20170509134729j:plain

 

f:id:asahaka1:20170509134647j:plain

 

 

 

最近得意の根暗現像

 

f:id:asahaka1:20170509134209j:plain

 

f:id:asahaka1:20170509134230j:plain

 

 

花筏って、全部お堀を埋め尽くしてない状態だと風でけっこう動くんですね。初めて知りました。

 

 

ちなみにこれが前日の様子です↓

手前にあったのが、翌日は奥へ移動してました。

f:id:asahaka1:20170509134357j:plain

 

 

 

 

 

 

見た目ではわからないくらい、ゆっくりと流れる花びらたち。

シャッターを開け続けることでその軌跡が見れるなんて、なんか感動でした。

見えないものを見せてくれる、カメラってレンズってほんとすごいねぇ(小並感)

f:id:asahaka1:20170509134923j:plain

 

 

 

動くものあり、動かないものあり。

f:id:asahaka1:20170509135400j:plain

 

 

 

長秒っておもしろいですね。

時間の流れが具現化されるみたい。

あぁ、人生も止まってたら取り残されるなぁ。そんなことを思いました。

f:id:asahaka1:20170509135921j:plain

 

 

 

 

花筏の間をぬって、写る桜の枝

f:id:asahaka1:20170509135654j:plain

 

f:id:asahaka1:20170509135949j:plain

 

 

 

初めての弘前、大満足でした

もう本当にどこを見ても素敵で、撮りたいものだらけで、刻々変わる光の感じと桜を全部写真におさめたくて、

1日じゃ全然足りない!っていうのが正直な感想でした。

使った機材は今回は24-70が大活躍でした。あと夜は15mm。夜のリフレクションはDistagon先輩さすがッス!

いつもバカの一つ覚えのようにマクロプラナーマクロプラナー言ってる私ですが、今回あまり出番がなかったです。

 

 

人は多いは多いんですが、公園自体も広いのでそんなに混雑感はなかったです。

みんなゆったり見てるし、三脚も立てれるし。都内の桜の混雑を知ってれば全然余裕です。

 

とにかく、日本一の名は伊達じゃなかったです。

来年は計画的に、もうちょっと長く滞在したいと思う今日この頃です。

 

ではまたー。