メモリグラフ

写真と記憶の記録 memory-graph

きゅうりの激辛漬

 

こんばんはsakiです。好きな野菜はえのきときゅうりです。

 

最近暇なので 6月7月に来るであろう大災害(仕事的な意味で)を前に現実を見ないようにしている 毎日なんか書いてみようかと思っています。

一応写真っぽいこと書いてたブログとは思えないタイトルがいきなり出てきて私自身もついていけません。

 

 

いやはやなんでも本日は館林で35度を記録したそうですね。

私の子供のころは30度を超えれば暑い日だった気がしますがえらい時代になったものです。

東京の夏、特にビル街なんかはガラスが太陽を反射するもんで、太陽が3個も4個もあるみたいなもんだと思ってます。

 

夏といえばきゅうり

そうか?

という声は一蹴しとくとして、きゅうり好きです。きゅうり好きなんです。

普通は安くて価格も優秀なのですが、去年はなんかきゅうりが高いとか悲鳴を上げていたような気がします。

 

 

 

 

ここ最近きゅうりきゅうりうるさいアカウントはこちら。

夏に食べたくなるものとして、きゅうりの激辛漬があります。センスのかけらもないネーミングセンスにほとほとあきれます。

私の祖母がこんな感じの作ってくれてたんですよね。

もちろんおばあちゃんはこんなに激辛にはしなかったですけど、大本の味はこんな感じでした。

で、私が辛いもん好きなので大人になって辛さマシマシにしたら

夏のお供ができあがったというわけです(゚д゚)ウマー

 

 

 

 

 

もうテケトーに作っているんでレシピとかないんですが、たぶん

きゅうり3~4本に対し

醤油大さじ1:酢大さじ1:ごま油大さじ1:豆板醤大さじ2

くらいの割合でぶっこんでつけるだけです。2~3時間くらい置く方がお味しみしみでおいしいです。お好みでゴマをだばだばー。

 

ちなみに上記レシピでやったら辛いの得意な私でも割と辛かったので、

あまりそういうの苦手な方は豆板醤を控えめにいたしましょうw

あと豆板醤ないときはラー油を適当にぶっこむのでもそこそこいけます。

 

 

夏は帰ってきたらとりあえずこれを冷蔵庫から出してポリポリ食べつつ、

ご飯ちゃんと作るかなー、めんどいなー。などと考えたりするわけです。

うちのおばあちゃんは畑で大量にどでかいきゅうりを作ってたので、夏になると100本を越えるきゅうりが生産され、きゅうりには困りませんでした。

今年もたくさん取れたよって分けてくれるかなぁ。

 

そんな「1年の当たり前」がいつまでも続くわけではないと知りながら、

今日も一日を当たり前に過ごしてしまう訳です。

 

 

f:id:asahaka1:20170521221452j:plain

マクロプラナーを添えて。(きゅうりをマクロプラナーで撮るなww

きゅうりの後方の丸ボケがなんとも美しいではありませんか。

 

おばあちゃんに電話をしてみよう。

ではまたー。