メモリグラフ

写真と記憶の記録 sasaki

2020年秋 家に帰る

最後に家族に会ったのは2020年の3月。

 

そんなに頻繁に帰っていたわけではないけれど、

2か月に1回くらいは帰って顔を見せていた。

コロナ禍で行くのを控えて約8か月。

 

実家に帰ってきた。

 

f:id:asahaka1:20201023142315j:plain

ラニースミスのアップルパイをお土産に抱えていく。

父がアップルパイが好きなのだ。

母はモンブランが好きなのでモンブランアップルパイという

なんだか合わせ技のようなものを買った。

 

 

f:id:asahaka1:20201023143943j:plain

TKFDへの参拝も忘れずに。

相変わらず人出が少ない。この街の財政がしんぱいだ。

 

 

 

f:id:asahaka1:20201023142317j:plain

ここの構図すき。

紅葉はまだ先みたい。

 

 

 

f:id:asahaka1:20201023143946j:plain

ただいま、と入ると玄関にはいつも母の生け花が飾ってある。

相変わらずの母の女子力。っょぃ。

 

 

久しぶりに父と母に会う。

感慨のようなものは意外とそんなにはなく、あったのは

「会わないうちにお互い少し年をとった」

「生きてるうちにあと何回会えるだろう」という冷静なきもちだった。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201023142321j:plain

我が家にはいつも花があふれている。

母が育てているのだが、最近は父も協力しているらしい。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201023142313j:plain

姉もよんで焼肉。

私が焼肉がいいといったのでw

 

昔、祖母は孫たちがいくと食べきれないくらいの料理でもてなしてくれた。

祖母がいなくなり、今は母がそのような役目をしている。

本当はとっくに孫でも生んで安心させてあげなければいけないのだろう。

そんなことを思いながら焼肉を頬張る。うまい。

 

 

実家は私の実家だけれど、

私が家を出た時から、家に帰っても私は「お客さん」で

畳の上でゴロゴロ昼寝している私はもういない。

ゴロゴロしてる時間に話しておかなきゃいけないことが多すぎるのだ。

 

 

家族に久しぶりにあって、うれしいかと思ったら

なんだか「これが最後の夕食でした」になりはしないだろうか、と不安を強めて帰ってきてしまった。

いつでも会えないというのはそういうことだ。

父も母も、姉も私もいつ死ぬかわかったものではない。

コロナ関係なく、そんなのは当たり前なのに

また肝に銘じて帰ってきた。

 

 

せめて親よりは長く生きねば。 

うっかり転んで頭打ってしんだ、みたいなことがないようにだけは気をつけよう。

 

 

(写真はNOMOというアプリのINS W)

2020年初秋 コスモス②雨上がり

今月なんでこんな休み撮ってんだろうと思ったらコスモスに備えていたみたいです。

深夜にこんばんはささきです。

急に寒いですね。おふとんが愛おしい時期になってきました。

 

 

くるったようにコスモスが満開をむかえており

くるったように通いたい今日この頃ですが

お天気・おしごと・開花状況が揃うのはなかなかむずかしいことですね。

とくに難易度高いのはおしごと。

7日間中5日も仕事に費やされるとかひどい割合である。

 

 

 

今年せこせこと通っているコスモス畑。

行き続けるとやはり「こいつこの前もみたな」という感じになるらしく

徐々に声かけられたりすることも増えてくる。これはこれでうれしいものです。

 

f:id:asahaka1:20201018010358j:plain

ぐるぐーる。

コスモスほどぐるぐーるするのが楽しい被写体もない。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201018010410j:plain

この日は台風10号が過ぎ去って2日ほどたった日。

大雨に撃たれたらしいコスモスちゃんが地面におちてもたくましく咲いている。

 

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201018011553j:plainコスモスはもうApo Makro-planarいっぽんでいいかもねと思っている

(でも135㎜も欲しい)

 

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201018010404j:plain

まんまる。完璧な形のコスモスちゃん。

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201018010424j:plain

陽が傾けば逆光にしたくなるのが人の性。

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201018010423j:plain

これはAngenieux。

最近持ち歩くのはこのレンズ。

Angenieuxをもちあるくというぜいたくのきわみ。

日常も、幻想的にしてくれるのがよい。

マクロプラナーとは真逆の、対をなすような写りのレンズ。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201018010411j:plain

この方のコスモス畑、個人でやってるとは思えないほどの規模なんだけど、

おじさんがやらなくなったら無くなってしまう。

こちらはいつまでもなくならないでほしいと思うけれど、

おじさんがやっている楽しみをこそっとおすそ分けしてもらっているだけの身。

どうかご負担にならないよう楽しんでほしい。

 

 

 

f:id:asahaka1:20201018010402j:plain

光に透けるコスモスはやっぱり美しい。

 

コスモスおじさんに「君はなぜ写真が好きなの」と聞かれ、

「前は外に出れない祖母に見せるために撮ってました」と答えた。

その人がいなくなった今、今は何で撮ってるのかな。

好きなものを好きなレンズで撮ること自体はだいすきなのだけど。

なんだか焦燥に駆られながら撮っている。あれからずっと。

 

 

 

 

 f:id:asahaka1:20201018010421j:plain

 

 

あと1~2回は行けるといいな

 

 

2020年初秋 コスモス①花咲かじいさん

こんばんはささきです。

 

今年も猛暑ではございましたが

割と短期間で過ぎていった感じがするので、9月の中旬くらいには呼吸がしやすくなりました。助かります。

 

 

 

世の中は未だ落ち着いてはおりませんが、

なんとなくそんな生活になっていくんだろうとみんなが思い始めた、そんな感じ。

ヒステリックにキャンキャン騒ぐ人も少なくなってきたかなという印象です。

しかし職業柄、県外への移動自粛が未だに言い渡されております。

我々の職種が落ち着くのは一番最後でありましょう。

 

 

コスモス欲がすごい

遠方には行けないけれど、レンズとカメラがあれば遊べるのがこの趣味の良いところですね。

秋をむかえ、わたくしコスモス欲がばくはつしております。

2019年はたしか、咲いたと思ったら台風がどかーんと来まして

コスモスがことごとく薙ぎ払われてしまった記憶がございます。

なので去年はロクにコスモスを撮っていません。

約2年ぶりのコスモスとなり、今年のわたしコスモス撮りたさ大爆発中。

 

 

 

f:id:asahaka1:20201006174649j:plain

9月中旬。

ちらほら咲き始め、緑の中にぽつーんと咲いたコスモス。

今年はここに通ってみようと思っております。

人が少ないのがよろしい。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201006175819j:plain

まだお花畑には咲いておらず、金網越し。

わたしがこのゴーストを咲かせる時はYASHINONです。頼りになるキングオブキラキラ。

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201006174732j:plain

これなんだっけと思ったら、多分久しぶりに持ち出したFUJINONです。ごしゃっとした。

ボケが特徴的なのにいまいち使いこなせておらず。

今年のコスモスで何とかしてあげたい(何を)

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201006174806j:plain

コスモスの時は大体αにオールドレンズと、NikonにMakro-planarつけて持ち歩くのですが

まったくいつも頼りになるレンズです。感心してしまう。

愛してやまないこのレンズのことをいつか言葉にしたいと思って好きすぎて言葉にならなくて約2年がたっている。

今年のコスモスでなんとかしたい。

 

 

 

f:id:asahaka1:20201006174644j:plain

この日は青空がきれいだった。

人が少ないところでほっとしてマスクを外す。

呼吸がしにくいと感じていた今年の夏はマスクのせいだけではないでしょう。

 

 

 

f:id:asahaka1:20201006174710j:plain

これ何で撮ったんだろうか。

ということがよくある。

Exifに残るといいのにな。

 

 

 

f:id:asahaka1:20201006174727j:plain

あらすてき。

多分この色とこの周辺減光ップリはTopcor58mmだと思う。

最近このレンズのすばらしさにまた魅了されているので

この子も今年のコスモスでなんとかしてやりたい。

今年のコスモスで何とかしたいこと多すぎる…

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201006174729j:plain

コスモス畑で撮っていたら、一人の男性に話しかけられた。

このコスモス畑を毎年育成している人だと。

ここは市がやっている公園でもなんでもなく、個人が好きで育ててらっしゃるコスモス畑。

「こんなに広い範囲を、大変じゃないんですか」と尋ねると

「みんなが喜ぶからね」とニコニコして答えてくださった。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201006174740j:plain

最近はそんなにギスギスしたきもちではないけれど

基本家と職場の往復なのは変わらないから

「なんかなんのために生きてんのかなぁ」と思うこともある。

そんな人にとって、ここのコスモスがひとつの楽しみとなっていることを直接お伝え出来てよかったなぁと思う。

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20201006174634j:plain

これでまだ5分咲きといったところだそう。

こんな素敵な花を咲かせてくださる花咲かじいさんにお会いして

なんだかほっとしたきもちになりました。

 

 

ここも、この方が種をまかなくなったらなくなってしまう。

好きは言えるうちに言おう。

推しは推せるうちに推そう。

好きなところがあれば行けるうちに通おう。

 

今年はここに通い詰めるぞというつよいきもちです。

 

ではまた。

 

 

2020年梅雨明け 7/30-8/2

7月30日 おしごと

 

最近PEN-Fを買ったのでPEN-Fにangenieuxをつけて

撮りたいとき撮れるようにしている。

あとMakro-planarもつけられるようアダプターをかった。ひゃっほう。

一週間の最後に見直すのが楽しみになっている。

見返すと「なんでこんなの撮ったんだろう」と思ったりするけれど

その時はなんか思ったから撮ったんだろう。

 

 

 

f:id:asahaka1:20200802221525j:plain

帰り道にいるねこちゃん。

ねこちゃんが見えるくらいの明るさの時間に帰れる日はさくっと仕事が終わった日。

 

 

今日はバタバタしていて、部下に「ささきさん忙しそうですね」と言われてしまった。

言われるたびに反省する。

部下に忙しそうに見えてはいけないのだ、上司というものは。

私が新人だったときは忙しそうな上司に話しかけることにすら労力を使ったものだった。

何もしてないように見えるのがちょうどいい。のかもしれない。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20200802221626j:plain

もう一匹ねこちゃん。

さいぞうさんに似ている。

 

 

 

7月31日 おしごと

 

 

最近すこし早く出勤している。

高千穂牧場のミルクティーを飲むのが楽しみで。

 

f:id:asahaka1:20200802220303j:plain

これがローソンに売ってるのだがたいへんにおいしい。とてもおいしい。一日がんばれる。

よくコンビニで売ってくれたものだ。

これからも売ってもらうために粛々と今日も高千穂牧場の飲料を買う。

 どこに行っても良くなったら、あたい高千穂牧場行くんだ・・・

 

 

 

職場の警戒レベルが最大になった。

もう最大だろうが最小だろうがやることは変わらないのだが

「また日常が遠のいた」というやるせないきもち。

 

別に行きたきゃ遊びに行ってもいいのだ。

感染したら自己責任でもいいのだ。私自身は。

でも私が直に接する人は、感染したら即死ぬかもしれない人たちで、

そう思うとおいそれと行くわけにもいかない。

職業倫理という鎖には平日も休日もない。

 

 

 

 

夜帰る時に月がきれいだった。

月をみるのはいつぶりだろうと思った。

この一か月、雨雨曇雨雨雨で、足りなかったのは月の光だったのかもしれない。

なんだか少し泣きそうになる。

月がきれいで泣ける。

3月から5か月。緊張の糸も切れそうだ。

 

 

 

8月1日 おしごと

 

梅雨が明けたようだ。青空がきれい。

f:id:asahaka1:20200802221757j:plain

ケラレはangenieuxの証です。

 

 

 

去年は猛暑だった。というかここ数年猛暑じゃない年なんてあっただろうか。

その意味では今年は今のところ30℃前後の夏らしい暑さ。

38℃とか39℃とかとち狂った暑さではないのがありがたい。

 

 

f:id:asahaka1:20200802221408j:plain

帰り道のあじさいさい。

色あせていく様がすき。紫陽花は1年中たのしめる。

 

 

 

8月2日 おやすみ

 

 

いつもの湿った車のタイヤの音がしない。

あぁ梅雨があけたんだっけとぼんやり思いながら

いつもの時間に起きようと思ってまた寝てしまった

 

夏の空を見るとひまわりを見に行きたくなる。

青に黄色のようなオレンジのビタミンカラーは元気がもらえる。

ことしは種をまいていないところも多いみたい。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20200802225749j:plain

何年か前のひまわりわり。
なぜ下の花びらまで入れなかったのかw

 

 

 

f:id:asahaka1:20200802225752j:plain

最近魚眼て使わないな

 

またやりたいことが増えたよ。

 

 

 

 

 

ふと思いついて、写真を印刷してモノにすることに。

無茶苦茶悩んですきなの4枚にしたら全部コスモスになってしまったw

ましかく写真撮りたいな。ローライコード買おうかな。

 

完成がたのしみ。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20200802221102j:plain

今日は陽が出ていたのでキラキラ代表YASHINONちゃん

 

 

 

f:id:asahaka1:20200802221546j:plain

南アルプスの天然水がすきだ。よくのむ。

 

 

あしたから連勤スタート。ひー。

 

また気持ちが落ち込んだら日記をかこう。

2020年 もうすぐ梅雨明け

7月が終わりますね。

なんだか忙しかった気がする。

 

 

感染者は増えるばかり。

このウイルスの季節性のなさとか、感染力はインフルエンザより厄介だ。

 

 

個人的には3月4月のように極端に不安定になることはそんなになく、 

自分にできることを淡々とこなしてはいるのだけれど

「感染者になりたくない」というきもちはもはや

「病気になりたくない」ではなく「世間の目が怖い」に等しい。

もし感染したら「私もう会社に顔出せんなぁ」と思うくらいの影響を及ぼすので

おいそれと出かけられはしない。ちょっと強迫観念みたいになってる。

守っているのは健康なのか自分の立場なのか。

 

 

 

長い梅雨でしたね。今年は紫陽花がながーく楽しめた。

紫陽花以外に楽しみがなかったと言ってもよいか。

 

f:id:asahaka1:20200730225055j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20200730224315j:plain

四隅がケラれている写真はAngenieuxです。

光にじむ。開放バンザイ。

 

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20200730224243j:plain

曇天の中でもわずかな光を拾う。

Angenieuxはシネレンズ。これで撮られた映画をぜひ見てみたい。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20200730224318j:plain

これはTKFD。一回だけ帰ったんです髪切りに。

両親とは3月から会っていない。

少なくとも2か月1回くらいは帰っていた気がするのだけれど。

こんなに会わないのも初めてだ。

この間に両親との別れを迎えたりしたら悔やんでも悔やみきれんね。

でも可能性は0じゃない。不要不急ってなんだ。

 

 

 

 


f:id:asahaka1:20200730224325j:plain

夏にはどこかに行こうかなんて話もちょいちょいしていたけれど

職場から出た越県禁止令

いやまぁ警察じゃないんだから身柄拘束はされてないんだけど

 

 

 そんなわけでやりたくてやれてないことリストをTwitterのTOPに固定した

 

行きたい所ばっかりだけどわたしやっぱりリピートしたがるなぁと気づきます。

大好きの範囲が狭い、興味の幅が狭いとは昔から言われていたけれど

まぁもうそれでもいいんじゃないというきもち。

今更治そうとしても治らんよ…

 

 


 

 

f:id:asahaka1:20200730224226j:plain

お友達と1回だけ会った。ナウシカ見に行った時。

たまにTV電話したりしてる。

くだらんことで声を出して笑えるというのはありがたい。笑いはだいじ。

でもやっぱり直接会ったほうが楽しい。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20200730224019j:plain

これはMPかな

世間は暗いニュースが多くて、天候もそれに合わせたようにどんより雨模様が続く。

写真もどんより(笑)

なるべく悲観的にならないようにというきもちではいるけれど

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20200730224016j:plain

そろそろ梅雨が明けるかな。

猛暑になりませんように。

 

 

 

8月がきます。

また少し記録をつけようと思う。

2020.7.17 くるったように琺瑯を買い集めてきた

こんばんはささきです

 

世間はごった返して小パニック状態ですがわたしは元気です。

 

 

さて最近にわかに

「ホーローのものがほしい」

という唐突な思いつきに憑りつかれた私は

「ホーローを集めなければ」という強迫観念に駆られてこの2~3日を過ごしておりました。猪突猛進型。

 

欲しがった理由としては、今まで料理の保存にジッ●ロック的なプラスチック製コンテナーを使うことが多かったのですが、

 

 

①プラスチックのコンテナーは料理の匂いが移る

カレーとかミートソースとか入れちゃうと一発ですよね。

なんなら色移りまでしたりする。

でも保存したいのはカレーとかミートソースとかが多い。矛盾。

 

 

②プラスチックのコンテナーは油が落ちにくい

油汚れ落ちにくくないですか?

一回ざーって洗って、もう一回くらい洗わないと気が済まない。

しかもお湯で。むぎぎ。

 

 

③捨て時がわからない

だんだん劣化してるのはわかるのですがだからって使えないわけでもないから

色移りしたやつとかを使い続ける。

別に汚れてるんじゃないと思っても、なんか見た目悪い。テン下げ。

 

 

 

・・・というような日々のストレスを抱えてた私が

無印でホーローの保存容器を見て買ってみました。

 

f:id:asahaka1:20200717220938j:plain

・・・よい。

 

 

白く美しい。必要十分の機能美。

このビジュアルに魅せられた私は

もうすべての保存容器をホーローに変えてしまいたいという思考に憑りつかれました。

 

 

ホーロー(琺瑯)は、金属にガラス質の釉薬をぶっかけて焼き付けたもの。

ホーロー先生のいいところとしては

 

  • 表雑菌が繁殖しづらく、化学変化を起こさないので食材の味や風味を変化させにくい。
  • においの強い食材を入れても、においが移りにくい。
  • 熱に強く、直火、オーブンでの使用が可能。
  • 耐久性に優れており、また、環境ホルモン等をほとんど出さない。

 

わたしのかかえてたストレス全部解消される!!

これを買ったら幸せキッチンライフが待っている。

タイムイズマネー。買おう買おう。

 

 

 

 

さて、「琺瑯」で調べると、まず出てくるのがこちらの野田琺瑯さんというメーカー。

 

www.nodahoro.com

 

 

日本で唯一、琺瑯づくりの工程を自社で一貫製造しているメーカーさんなんだとか。

すこぶる信頼がおけそうである。

何事も、まず使ってみないと良しも悪しもわかりませぬ。とりあえず買ってみよう。

 

 

 

 

というわけで合羽橋道具街

f:id:asahaka1:20200717220629j:plain

 

大正時代から、調理器具や食器など飲食業向けの問屋が集まった商店街として有名なんだそう。

恥ずかしながら初めて知ったし初めて来た。

まだまだとうきょうは広いなぁ。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20200717223419j:plain

買い物とは別で今度写真撮りに来ようと思わせるには十分なレトロ感。

 

 

 

 

f:id:asahaka1:20200717223427j:plain

業務用のラーメン屋にあるような寸胴とか、でかすぎる泡だて器とかが見れて

みてるだけで面白い。

わたしここの商店街に1日中いれるわ。

 

 

 

f:id:asahaka1:20200717223438j:plain

業務用食材のお店。

壁一面のGABANにテンションあがる。

外人さんも多くて、観光地になっているよう。

 

 

私のテンション爆上げになる魅力的な商店街だったのですが、

まぁこのご時世ということもあり用事を済ませたらそそくさと帰る。

後ろ髪どころか片足引っ張られながら帰りました。恐ろしい沼の片鱗をみた・・・・。

 

 

 

 

戦利品

 

f:id:asahaka1:20200717223934j:plain

野田琺瑯さんの商品、本当に色々あるのですが、

今回はホワイトシリーズを中心に集めました。

狂ったように琺瑯ばっかり買う狂気の琺瑯になっていた。

 

 

 

スクエア

 

スクエアのLサイズ。

お塩とお砂糖を要れる用に買った。

 

 

 

今まではこの100均で買ったいかにもな外見のものを使用していました。

f:id:asahaka1:20200717223940j:plain

 

 

それが、

 

f:id:asahaka1:20200717223938j:plain

なんということでしょう。

琺瑯にするだけで、真っ白でシンプルなお砂糖とお塩に早変わりです。

 

 

 

ビーカー(計量カップ

 

 

色々計量するカップです、今まではこれまた安物の計量カップを使っていました。

 

f:id:asahaka1:20200717223946j:plain

この斜めの、便利かと思って買ったけど私にはとても使いにくかったので二度と買わないわ

 

 

 

f:id:asahaka1:20200717223953j:plain

なんということでしょう。

乳白色に濃紺の縁どり、みているだけでかわいいビーカーに早変わりです。

 

 

 

 

持ち手付ストッカー

 

f:id:asahaka1:20200717224741j:plain

 

 

スクエアに取っ手がついたタイプ。

なんということでしょう、これこのまま直火にかけられるんです。

レンジの温めムラが許しがたい、直火で温めたい欲が人一倍つよい私にとっては願ったりかなったりの商品です。

 

 

 

f:id:asahaka1:20200717224739j:plain

すべての商品の底にはNODA HORO MADE IN JAPANの刻印が。

JAPANバンザイ。

 

 

というわけでプラスチック製の保存容器とは軒並みおさらばしました。さらばじゃ今までありがとう。

琺瑯は決してお安くはないのですが、これで様々なストレスから解放されると思えばお安いもの。

まだおかずとか入れてないので、これから使い勝手がわかってくると思います。

良しも悪しも分かったらまた書こうかなと思います。

 

 

よきものが買えて、久しぶりに気分がるんるんな日でした。

 

ではまた

2020年梅雨 6/21-6/26

6月21日 

 

 

休みであります。

 

世の中はすっかり解放ムード。

人は生活レベルを落とせないと言うけれどこれもまたそのうちのひとつかな。

気楽なもんだ。と思ってしまうけどしかたがない。人は経験のないことは想像ができない。

 

 

どこかにいきたいなと思う。

でもなんのために。誰に会いに。

県外に行きますといって白い目で見られる、私のいるところはまだそんな状況だ。

 

 

週末はたくさん作った。


f:id:asahaka1:20200630232711j:image

 

 

色が混ざりあうのを見ると落ち着く。

…などとかなりやばめの心境で作っているのだけれど

没頭できる作業があってよかった。

 


f:id:asahaka1:20200630232739j:image

オーダーをいただいてネクタイピンを作った。

異性の好みはよくわからんので試行錯誤。

 

 

 

6月23日

 

今日は朝、車で迎えに来てもらうという場面があったのですが

なぜだか自分が「車で迎えに来てもらうのを待つ」というシチュエーションがおちつかないというか、不安さえ覚えていることに気付く。

車で来る人が、途中で事故ったりしてやしないかしらとか

そんなことを考えてしまいがち。

 

 

両親から野菜が届いた


f:id:asahaka1:20200630232921j:image

小さい玉ねぎ。(右3つ)

左の半切りにしてあるのが普通の玉ねぎサイズです。

小さくてかわいい。スープにした。

 

 

 

 

 

6月24日

 

非常にストレスフルな状態である。

休みの日に動けない。動いたらいいんだと思うけど動けない。

思い返せば3月末がとてもストレスフルな状態だったかなと思うのですが

ある意味そこに戻ったみたいなきもち。

同業者は多分同じようなきもちだと思うけども

なんかもう、行くも戻るもままならない。

1年間くらいコールドスリープして、起きたら全部終わっててほしいな。

などという思考にのまれる、現実逃避の極み。

 

 



f:id:asahaka1:20200630233028j:image

リクエストを頂いたお色で作っている。

どうやったらできるかなと試行錯誤するのはたのしい。

 

 

 

6月26日

 

PEN-Fがきた


f:id:asahaka1:20200630233055j:image

 

オリンパスのMFT機。

これを買ったのには目的がある。

angenieux 25mm f0.95を使いやすくするためのカメラ』という目的が。

 

 

わたしの好きなレンズ、angenieux 25mmはcマウントレンズですのでMFTで使うのですが

今使ってるボディがふるーいやつでファインダーがなくて、これがなかなかにもうしんどい。

昼だとピントあわせるのもしんどい。

なので、

ファインダーがあって、ボディ内手ぶれ補正があって、レンズ情報登録できて、ピーキング機能があって、ピント拡大できて、できればバリアングル液晶で、angenieuxにあうかっこいいやつ

ってそんなのないかなーと思ってたらあったー!うっひょうかっこいい!

 

 

angenieux つけたとこ。


f:id:asahaka1:20200630233131j:image

ちょっとちょっと。完璧だとは思わんかね。イケメンがすぎる。

 

 

少し使ってみたんだけど『なんで今まで買わなかったんだろう』と思うほど私の使用用途には合っているので満足(๑´ڡ`๑)

シネレンズはおやすいのでまたこれでしばらく遊ぶぞー٩(˙▿˙)۶ わーこの人またレンズ買おうとしてるー

 

PEN-Fとangenieuxについてはまた別の機会にしっかり書きたいなと思います。

 

 

 

このような日記は書きたいと思った時書き溜めて4~5日分くらいたまったら更新しようと思う。

あとから見た時「よう頑張ってるな自分」と思えるので。